植木鉢   アニマルホルダーバッグの使い方   うさぎイラスト



使い方、いろいろ、ご自身のアイデア次第。こちらの使い方をご参考に。



 

 

使い方1


 

うさぎをだっこしたくても、ちょっと難しい時、アニマルホルダーバッグに入れると、うさぎも落ち着き、だっこしやすくなります。
 

 

使い方2


 

うさぎをアニマルホルダーバッグに入れて、膝にだっこ。この状態でケアをすることも出来ます。


 

使い方3


 

アニマルホルダーバッグを使って、ちょっと難しいお薬を飲ますことが可能です。
 

 

使い方4


 

キャリーバッグで移動時、うさぎの身体がよじれていることがあります。 一度、アニマルホルダーバッグに入れて、キャリーバッグに入れると、うさぎの身体が安定します。通院の時は、アニマルホルダーバッグのままうさぎを出すことが出来、あばれることが無く、うさぎへのストレスも軽減されます。

 

 

使い方5


 

お手持ちのバッグにアニマルホルダーバッグを入れておくと、うさぎを入れてさっとファスナーをしめれば、そのままお出かけも可能です。(下に防水シートを引いておくことをおすすめします。)


 

使い方6


 

アニマルホルダーバッグのまま取り出して、体重測定。うさぎが暴れても袋の上の方もっていれば、大丈夫です。
 

 

使い方7


 

袋にgを記入しておくと、計測から差し引けば、体重が出せますね。


 

使い方8


 

そのまま診療も可能です。布のほど良い厚みで、袋の上から聴診器を使えます。


 

使い方9

 

顔だけ出して、診療中。

About the owner

いっしき けいこ

全商品オリジナルです。手作りのものは在庫があまりございませんので、ご了承ください。 中には、オンリーワン商品やサンプルの販売もありますので、時々チェックして下さいね。

Top